[PR]

 大阪府と大阪市は18日、2025年の国際博覧会(万博)誘致について専門的な助言を求めるため、府市の特別顧問を実業家で元ライブドア社長の堀江貴文氏(44)に委嘱すると発表した。就任は19日付。

 府万博誘致推進室によると、堀江氏はITに詳しく、予防医療の普及にも取り組んでおり、府が万博のテーマに掲げた「人類の健康・長寿への挑戦」とも合致する。堀江氏は昨年末、自身のブログに「これまでのありがちな万博をやっても仕方ないので、既成概念に捕らわれず、世界中をアッと驚かせるような万博にしたい」と記している。

 任期はまず年度内の今年3月末までだが、それ以降も特別顧問の継続を求めていきたいという。