[PR]

 大阪市北区にあった旧ホテルプラザと朝日放送の跡地に、積水ハウスなどがタワーマンションを計画している。2022年にも完成させる予定だ。ホテルプラザはかつて大阪のホテル「御三家」の一つに数えられた名門だった。

 計画中のマンションは高さ約180メートル、敷地面積は約1万平方メートルで、約900戸の入居を予定。積水は、三菱地所レジデンスなど5社で共同企業体をつくって建設にあたる。

 建設地はJRや阪神の福島駅から徒歩10分弱の距離にあり、周囲にはマンションが立ち並ぶ。かつて朝日放送の本社屋と、朝日放送が経営するホテルプラザが立っていたが、朝日放送は08年に大阪市福島区内に移転。ホテルプラザは競争激化で経営不振に陥り、1999年に営業を終えた。

 御三家のひとつで、大阪市北区にあった東洋ホテルの建物も06年にラマダホテル大阪に変わった後、13年に閉館した。跡地には東急不動産などが地上50階建てのタワーマンションを計画し、20年にも完成予定だ。残るのは、大阪市北区のリーガロイヤルホテルのみとなっている。(岩沢志気)