[PR]

 福岡市博多区のホテルで18日朝、7階の客室に立てこもった男が飛び降りて死亡した事件で、福岡県警は男について、住所、職業とも不詳の33歳と確認した。氏名は発表していない。転落によって死亡したとみている。

 男が客室に連れ込んだ女性従業員2人のうち、1人が鼻を骨折していたことも新たに判明した。2人は県警に「男に顔を殴られ、スタンガンも使われた」と話しているという。博多署は監禁致傷などの疑いで捜査し、男を容疑者死亡で書類送検する方針。

 署によると、18日午前4時ごろに男から「テレビがつかない」と電話でクレームがあり、女性従業員1人が対応に当たっていた。その後、戻ってこないのを不審に思った別の女性従業員が部屋に行くと男に連れ込まれた。

 女性従業員は「2人ともいないと業務に支障が出てしまい、このことがばれてしまう」と男を説得。午前6時すぎに1人が解放された。

 室外に出た従業員の通報で駆けつけた警察官が男を説得した。男は自殺をほのめかし、部屋に残された従業員を窓際に移動させて道連れにするようなそぶりも見せたため、午前7時40分ごろに警察官がドアのロックを壊して部屋に突入。直後に男は飛び降りた。

 目撃者によると、男は裸で全身に入れ墨があったという。