[PR]

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領をめぐる疑惑で、ソウル中央地方裁判所は19日未明、サムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イジェヨン)・サムスン電子副会長(48)に対する逮捕状の請求を棄却した。特別検察官が贈賄や横領の疑いで請求していた。野党を中心に、韓国司法を批判する声が上がりそうだ。

 同地裁は19日午前5時前に棄却を発表。その理由について「関係者の調査を含めた現在までに至る捜査内容と進行経過などを照らし合わせ、現段階で拘束の事由と必要性、相当性を認定することは難しい」とした。

 考慮した点について「贈賄罪の要件になる対価関係と不正な請託などに対し、現在までの説明の程度、各種支援の経緯についての具体的な事実関係とその法律的な評価をめぐる争いの余地」などと説明した。

 李副会長には、サムスングルー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら