[PR]

 愛知県の大村秀章知事は19日午前、ドナルド・トランプ次期米大統領の就任式に出席するため、米ワシントンに向けて中部空港を出発した。大村氏は現地時間20日(日本時間21日未明)に予定される就任式を前に、トヨタ自動車が進出するインディアナ州のホルコム知事や4人の上院議員と会談し、日本企業が米国の経済・雇用に貢献していることを説明したい考えだ。

 大村氏は出発前、記者団に「米国経済の影響を受けるのは、日本の中でも(自動車産業が集積する)われわれ愛知。良好な日米関係でいけるように交流を深めたい」と強調。「トランプ新大統領の政策で米国経済が良くなれば日本経済も良くなる。就任演説で格調高いビジョンを打ち出してもらいたい」と語った。

 大村氏は知人の共和党関係者から就任式に招待されたという。現地では佐々江賢一郎・駐米大使や、県内から進出している企業幹部らとも面会する予定。