【動画】西川貴教さんがロックフェスの利益寄付=杉浦奈実撮影
[PR]

 滋賀ふるさと観光大使の歌手、西川貴教さんが19日、昨年9月に草津市であった「イナズマロックフェス2016」の収益の一部とチャリティーオークションの売り上げ計317万4925円を県に寄付した。琵琶湖の保全に使うという。

 西川さんが三日月大造知事に目録を手渡した。フェスのキャラクター「タボくん」と米作りをし、フェスでポン菓子などにして販売した湖南農業高校と長浜農業高校の生徒も西川さんに活動を報告。「来年は西川さんも田植えにきて」とお願いしていた。

 フェスは西川さんの企画で2009年から始まった。昨年は荒天で2日目が途中で中止になり、西川さんも頭を下げたが、苦情はほぼなかったという。「単に音楽イベントでなく、地域のみなさんなどもイベントを作っている一人と感じていてくれる証拠かと思っている」

 今年も9月16、17日に開催予定で、昨年中止になった公演のチケット購入者を対象に、前日の15日に無料で代替公演を開く。(杉浦奈実)