[PR]

 飼育が続いたことで自然界での生態を忘れてしまった中国南部などが原産のオオアタマガメを、本来の姿に近づけるトレーニングに岐阜県各務原(かかみがはら)市の水族館「アクア・トトぎふ」が挑んでいる。ゆっくりと、でも着実に成果が出つつある。

 ピッ! 水槽の裏で笛の音が響く。オオアタマガメがむくっと反応する。

 展示飼育チームの近藤由香さん(26)の手には、アジの切り身を挟んだピンセット。えさに目を奪われたカメは水の中に誘われ、再び笛が鳴ると長い尾を水面近くの枝に巻き付けた。そして、えさを追って水場から上がると、レプリカの岩場をゆっくり登り切り、勢いよく食いついた。

 自然界のオオアタマガメは、水中だけでなく陸上でも活動的で、爪を使って木や岩によじ登ったり、尾を高い場所の枝に巻きつけてぶら下がったりする。生態に詳しい神戸市立須磨海浜水族園の亀崎直樹・学術研究統括によると、尾で枝にぶら下がるのは、生息地の山間部の谷川で増水時に流されないようにするためとの説があるという。

 だが、他の施設を経て2015年6月にアクア・トトに来たカメは、隅でじっとしているばかりだった。すでに野生らしさはすっかり失われていた。

 「もっと生き生きした姿を見たい」と感じた近藤さんが、本来の生態を引き出すためにトレーニングを課すことを思いつく。

 幼い頃から水族館で働くことを夢見ていた近藤さんは、愛知県江南市出身で高校卒業後、同県内の専門学校でイルカの調教技術を学ぶ。広島県内の水族館を経て13年8月にアクア・トトへ。ゴマフアザラシやフンボルトペンギンなどの調教経験はあるが、カメは未経験だった。ゾウガメを調教した海外の文献やユーチューブの動画を参考に、訓練方法を探った。

 訓練を開始したのは、昨年7月。カメの体力を考慮し、トレーニングは1日10分。毎週3~5回続けた。最初は「これまでに調教した動物と違って、表情もほとんど読み取れなかった」。でも1カ月ほどで、まぶたの動きや視線から「今日はやる気がある」「今はえさを欲していない」など、ある程度感じられるようになった。

 「笛以外の余計な音で混乱させたくない」と呼びかけなくていいように、あえて名前はつけていない。えさを挟むピンセットには黒いテープを何重にも巻き、食いついた時に口をけがをしないように配慮する。

 今では、近藤さんが見えると、自分から近寄ってくるようになった。最終目標は、高いところにある枝に尾を巻き付けてぶら下がること。「多くのお客さまに本来の能力や生態を見ていただき、じっとしているだけじゃない、本当はもっとすごいんだぞと知ってほしい。一緒に頑張りたい」。近藤さんはそう言って目を輝かせた。(山野拓郎)

     ◇

 〈オオアタマガメ〉 中国南部、ベトナム、ミャンマー、タイなどにすむ。名の通り頭が大きく、甲の中に引っ込めることができない。甲の長さは14~20センチ。ペットとして取引されたり、食用にされたりしたため、乱獲されて近年、生息数が激減。国際自然保護連合のレッドリストでは「近い将来野生での絶滅の危険性が高い(絶滅危惧ⅠB類)」に分類される。