[PR]

 長野市保健所で21日、市内で保護されたり、飼い主が飼えなくなったりした猫のもらい手を探す譲渡会があった。家族連れらが実際に抱きかかえるなどして、相性を確かめていた。

 譲渡対象となった猫は約30匹。犬は近年、飼い主による管理が徹底されていることなどから数が減り、この日はゼロだった。

 訪れた人たちは、保健所職員やボランティアのスタッフとともに1~3匹ほどに分けてケージに入れられた猫を見て回り、特性を聞いたり、触れたりしていた。後日、保健所がもらい手の飼育環境などを確認後、飼い主に選ばれる。人気があれば抽選になることもあるという。

 弟らと来ていた千曲市の大学3…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら