[PR]

 愛知県の大村秀章知事は21日(現地時間20日)、米ワシントンでトランプ新大統領の就任式に出席した。現地で聞いた就任演説について「米大統領は超大国のトップだが、世界や人類をリードしていく決意やビジョンに触れず、残念だった。そういう意味では期待外れと言える」とコメントを出した。

 一方、選挙戦中に繰り返された「アメリカ・ファースト」が、就任演説でも使われたことを挙げ、コメントでは「米国再生に向けた強い意気込みを感じた。減税や大規模インフラ投資で経済を向上させてもらいたい。そのことが日本や愛知の経済向上につながる」と触れた。

こんなニュースも