[PR]

 小野薬品工業(大阪市)は21日、がん治療薬「オプジーボ」に絡む特許を侵害されたとして、国内外で提訴していた米製薬大手メルクと和解したと発表した。

 小野などが持つ特許の有効性を確認し、ライセンス契約を結ぶ。小野側はメルクから頭金6億2500万ドル(約715億円)を受け取り、メルクが販売する新薬「キイトルーダ」の売り上げに応じたロイヤルティーも得る。小野側の実質勝訴といえる内容だ。

 小野は、キイトルーダにはオプジーボと同じ働きをする有効成分が含まれ、特許を侵害されたとして、日米欧でメルクや同社の現地法人を訴えていた。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/