拡大する写真・図版 稀勢の里(左)は白鵬をすくい投げで破る=恵原弘太郎撮影

[PR]

(22日、大相撲初場所千秋楽)

 「新横綱」の執念が、結びの一番にケリをつけた。

 この日の昼、初優勝の稀勢の里が第72代横綱となるのが確実になった。白鵬戦の勝敗にかかわらず、だ。ただ、勝って横綱になるのと、負けてなるのとでは天と地ほどの差がある。稀勢の里の巨体を、その思いが支配していたに違いない。

 いざ結び。白鵬は自身の衰えを感じている。だからこそ、一気に勝負をつけにきた。大関は左のほおを張られた。左を差され、土俵際まで寄られた。横綱渾身(こんしん)のがぶり寄り。大関は左をのぞかせながら、耐えに耐える。左が入った。その左からの投げが、攻め疲れた横綱を土俵にたたきつけた。

 必死だったかと問われ、「そんな感じでした。気持ちを引き締めて」と言った。初優勝を14勝で飾れたことに、「自信になります。我慢して、腐らずやってきて本当によかった」とかみしめるように語った。

 白鵬とは数々の因縁がある。2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら