[PR]

 小池百合子・東京都知事が主宰する政治塾を運営する政治団体「都民ファーストの会」が23日、夏の都議選で公認する4人を初めて発表した。昨夏の都知事選で小池氏を支援した都議3人と、豊島区議1人。同会は今後、地域政党として活動するという。

 公認されたのは、都議会会派の「かがやけ Tokyo」に所属する両角穣(八王子市)、上田令子(江戸川区)、音喜多駿(北区)の3都議と、豊島区議の本橋弘隆氏。本橋氏は都知事選での小池氏支援を理由に、自民党都連から先月、除名処分を受けた7区議の1人。3都議は23日、新会派「都民ファーストの会 東京都議団」の設立を届け出た。同会は政治塾生らから都議選候補を選び、40人規模の擁立を目指している。