[PR]

 トヨタ自動車労働組合(組合員数約6万8千人)は23日、2017年春闘で、非正規の期間従業員の日給を150円引き上げるよう求める執行部案を固めた。月給に換算すると3千円程度となる。

 正社員については、すでにベースアップ(ベア)を組合員平均で月3千円要求する方針を固めている。バランスをとる観点から、期間従業員の賃金も同水準の引き上げをめざすことになった。2月に正式決定する。

 トヨタ労組は16年春闘で、正社員のベアを3千円、期間従業員の日給を150円引き上げるよう要求した。これに対して経営側は、正社員のベアは1500円とする一方、期間従業員の日給は「満額」で回答している。