[PR]

 スパイサー大統領報道官は23日、ホワイトハウスで初めて記者団の質問を受け付けた。だが、メディアがトランプ氏を攻撃していると強い「不満」を表明。首都以外に住む記者が会見にインターネット電話「スカイプ」で参加できる仕組みを作ると発表する一方、主要メディアの質問を後回しにした。

 オバマ前政権では、AP通信やCNNなど会見室の1列目に座る主要メディアの質問を優先するのが「慣例」だった。だが、スパイサー氏は後方に座る記者を指名し、質問を受けた。

 ようやく質問が回ってきた最前列のABCの記者が「あなたはその演台から常に真実を語るつもりがあるか」と詰問。スパイサー氏が21日の会見で質問を受けずに、トランプ氏の就任式の参加者数が少ないとの報道に「これまでで最大の観客数だ」と主張したことをただした。スパイサー氏は、就任式参加者の地下鉄利用数は42万人で、オバマ氏の2期目の就任式の31万7千人より多かったとも語ったが、ニューヨーク・タイムズは交通機関への取材でオバマ氏の就任式の方が20万人以上多かったと指摘していた。

 これに対し、スパイサー氏は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも