[PR]

 衆参の無所属議員は、自民党会派に所属していても党農林部会への出席は当面認めません――。同部会の小泉進次郎部会長は24日、こんな方針を示した。選挙区で競合する自民議員と無所属議員が、同じ政策決定の場に参加するのはおかしい、との考えが背景にある。

 自民は昨年12月の総務会で、浅尾慶一郎・元みんなの党代表や鈴木貴子氏ら計6人の無所属議員について会議への出席を認めることを確認。ただ最終判断は各部会長に委ねられた。小泉氏はこの日、国会内で記者団に「当面お控え頂く」と明言した。

 小泉氏の当選同期には、衆院北海道7区で鈴木氏と争った伊東良孝氏がいる。今月18日には、伊東氏らとともに二階俊博幹事長に再考を求めて直談判していた。

 一方、鈴木氏は24日の外交部会に初出席。記者団に「自民党の先生方とともに同じ目的意識を持って、勉強に努めて参りたい」と述べた。