[PR]

 東京都議選(定数127)について、都選挙管理委員会は25日、6月23日告示、7月2日投開票の日程を決めた。最多の57議席を占める「都議会自民党」に対し、小池百合子知事は支持勢力で過半数確保をめざす方針を明言しており、小池都政の評価が争点の一つになりそうだ。

 小池氏は、主宰する政治塾の塾生らから候補を選んで擁立する方針。塾を運営する政治団体は23日、地域政党「都民ファーストの会」として活動することを表明し、現職都議ら4人の公認予定者を発表した。公明や民進と候補者調整に向けた協議も進めており、どれだけ独自候補を立てられるかも焦点になる。

 一方、自民都連は52人の公認予定者をすでに決めており、都議会最大勢力の維持を目指す。2013年の前回都議選は公認候補が全員当選する大勝だった。勢いをどこまで保てるかが注目される。

 現時点の公認予定者数は、自民52▽民進36▽共産29▽公明23▽維新9▽地域政党「東京・生活者ネットワーク」4▽地域政党「都民ファーストの会」4▽社民1となっている。

こんなニュースも