[PR]

娘もどきだとか、亭主もどきだとかいう種族も、だんだんふえてきそうで、心づよい。

金子光晴

 詩人のつもりで世の中を渡ってきたが、「それでも一生涯、ゆき丈の合わないきものをきてきたようで、安心して詩人でいられた時はない」。そう、自分は詩人もどきなのだと、詩人は言…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース