[PR]

 中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は25日、曲がった形にできる液晶パネルを開発した、と発表した。曲面を持つパネルは液晶では難しいとされてきたが、ガラスに代えてプラスチックを基板に使うことで実現した。2018年の量産を目指す。

 新開発のパネルは、スマートフォンや車載部品に使うことを想定。液晶パネルを使ったスマホでも、端に曲面を取り入れたデザインなどが可能になる。

 液晶パネルは一般的に、有機ELのパネルよりも高精細で製造コストも安いものの、曲面にするのが難しいという欠点があった。JDIは、曲がる基板の上で液晶の状態を安定させる技術を高め、基板をプラスチックにすることで曲面を持つ液晶パネルを実現。プラスチックの基板には、薄く、落としても割れにくい利点もある。

 JDIの主要顧客である米アップルは、17年以降のiPhone(アイフォーン)に有機ELを搭載するとされる。JDIは有機ELパネルの開発にも取り組む一方、液晶パネルの技術開発も進めている。(鈴木友里子

こんなニュースも