[PR]

 朴槿恵(パククネ)韓国大統領の支援者で職権乱用などの罪で起訴されたチェ・スンシル被告が25日、特別検察官の事務所に出頭した。チェ被告は記者団の前で「自白の強要だ」と叫び、捜査に対する怒りをあらわにした。

 チェ被告は昨年11月20日に起訴された。12月に捜査を始めた特別検察官から計6回、出頭を求められたが、拒否を続けていた。このため、特別検察官の捜査チームはチェ被告に対し、梨花女子大の不正入学を巡る業務妨害罪を適用して逮捕状を請求。25日に強制的に出頭させた。

 チェ被告は昨年10月31日に検察当局に出頭した際、「国民の皆様、お許しください。死ぬほどの罪を犯しました」と語ったが、この日は態度を一変。護送用のバスから降りて移動用のエレベーターのドアが閉まるまでの数分間、ずっと捜査に対する不満を訴えた。

 チェ被告は「ここは民主主義の特別検察ではない。子供や孫まで抹殺し、この地で罪を着せようとしている。朴大統領の共同責任を明らかにしろと自白を強要している。とても悔しい」と主張した。

 特別検察官の捜査チームは25日の記者会見で、チェ被告の主張について「法と原則に従って徹底的に捜査する。根拠のない難癖で捜査を傷つけようとする意図がある」と反論した。(ソウル=牧野愛博)