[PR]

 容疑者の男がスマートフォンで撮影した被害者の画像について、徳島県警鑑識課が詳しく解析したところ、瞳に男の姿が写っていたことがわかった。県警は、事件への関与を裏付ける証拠として徳島地検にこの画像を送付した。

 男は昨年、県内で発生した事件の容疑者として浮上。男のスマホが押収され、捜査員が保存されていた画像を調べていて被害者を見つけた。よく見ると、瞳に人の影のようなものが確認できたため、鑑識課に解析を依頼したという。

 同課写真係の浪花孝一係長(43)は画像処理ソフトを使って瞳の部分を拡大し、明るさや明暗の差を調整して分析。すると、スマホを構えて撮影する男の姿が鮮明になったという。目や鼻などはスマホに隠れていたものの、服装や顔の輪郭、髪の生え際までわかるほどだった。

 浪花係長は「瞳の画像処理は初めてだったが、防犯カメラの解析と同じ手法を使い、とにかくやってみた。捜査に貢献できてよかった」と話している。(三上元)