[PR]

 福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受けて不登校になった問題で、「横浜いじめ放置に抗議する市民の会」は26日、生徒から同級生へ約150万円を支払ったことについて「いじめ」と認めるよう、林文子市長と岡田優子教育長宛てに要望書を提出した。1898人の署名を添えた。

 共同代表の井上菜穂子さんら約30人が市役所を訪れた。井上代表は「小学生にとっては1万円でも大金。これがいじめでないのなら、何がいじめなのか」と訴え、早期のいじめ認定と被害者への謝罪を求めた。また市長権限で外部の有識者による再検証を実施するように要求した。

 生徒側の代理人によると、生徒はゲームセンターの遊興費など総額約150万円を同級生らに支払わされた。しかし問題を調査した第三者委員会は、「いじめから逃れようとする精いっぱいの防衛機制だったと推察できる」としながらも、「いじめ」とは認めず、岡田教育長も20日の市議会の委員会で、「関わった子どもたちの状況からみても、いじめという結論が導かれるかどうか、とても疑問だ」などと発言した。

 同会は昨年11月下旬、有志で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら