[PR]

 韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相は26日午前、ソウル近郊の京畿道(キョンギド)に住む元慰安婦の女性を慰問した。釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像の問題で悪化した日韓関係を、改善したい思惑があるとみられる。

 韓国外交省報道官は26日の記者会見で「(訪問した女性は)最近、健康状態が悪化しており、旧正月前のあいさつも兼ねて訪れた」と説明。「今後も機会があれば、引き続き面会する」と語った。

 韓国内では釜山の少女像問題を機に対日感情が悪化し、野党を中心に日韓慰安婦合意の破棄を求める声も出ている。韓国政府は、釜山の問題を解決するためには、日韓合意の着実な履行が前提になると判断。25日も関係省庁会議を開き、対策を協議していた。

 韓国政府は従来、元慰安婦らの感情を和らげるため日本の当局者らの訪問を希望してきた。尹外相の訪問は、自ら率先して日韓合意を順守する姿勢を日本側に示す狙いがありそうだ。(ソウル=牧野愛博)