[PR]

証券取引等監視委員会前委員長 佐渡賢一さん

 2008年のリーマン・ショックが一段落した11年、グローバル市場を舞台にしたメーカーや投資ファンドのからむ大型経済事件が次々と発覚した。

 精密機器メーカーであるオリンパスの粉飾決算疑惑は、英国人のウッドフォード元社長の内部告発などで発覚した。同社は、バブル崩壊後の財テク失敗で抱えた1千億円超の損失を海外ファンドに移す「飛ばし」で隠していた。

 監視委は11年12月、東京地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも