[PR]

 米軍北部訓練場(沖縄県国頭村〈くにがみそん〉、東村〈ひがしそん〉)でのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事に抗議する50代男性を警察車両ではねて軽傷を負わせたとして、沖縄県警は28日までに、20代の男性機動隊員を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で書類送検した。ヘリパッド建設への抗議活動に絡み、警察関係者が摘発されたのは初めて。

 捜査関係者によると、昨年7月21日、東村高江の県道で、機動隊員が運転する警察車両が、抗議で道路に座り込んでいた男性に接触してけがを負わせた疑いがある。県警は「書類送検の事案であり、詳細は公表しない」として、機動隊員の所属や認否などを明らかにしていない。