[PR]

 首都圏や東海、九州地方を中心に、インフルエンザが猛威をふるっている。厚生労働省は27日、直近1週間(16~22日)の推計患者数が約161万人に上ったと発表した。前週の約99万人から急増した。受験シーズンが本格化する中、専門家は手洗いやマスク着用などを呼びかけている。

 厚労省や国立感染症研究所によると、直近1週間の全国約5千カ所の定点医療機関からの患者報告数は、1カ所あたり28・66人で、「警報レベル」とされる30人に迫っている。

 都道府県別では、宮崎(42・53人)、愛知(42・46人)、埼玉(38・51人)、千葉(37・90人)、大分(35・60人)、福井(34・94人)、福岡(34・29人)、岡山(34・18人)、山梨(34・00人)、広島(33・90人)、神奈川(33・64人)など、30人を超えたのは17県に上る。東京は28・58人だが、患者が急増しており、都が26日、今冬初めて流行警報を出した。

 全国的に若年層を中心に感染が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら