[PR]

 平昌五輪では、4競技6種目が新しく採用される。スノーボードのビッグエアや、スピードスケートのマススタートで日本勢がメダル候補に挙がりそうだ。

 ビッグエアは傾斜20度以上、長さ30メートル以上の助走路を滑って高さ2メートル以上の踏み切り台を飛び出し、長い滞空時間の中で技の難易度、完成度などを採点で競う。スロープスタイル女子で2015年世界選手権を制した鬼塚雅(みやび)(フリー)が参戦中で、16年12月のワールドカップ(W杯)で3位に入った。

 スピードスケートのマススタートは滑走者全員が一斉にスタートし、1周400メートルのトラックを16周して争う。滑る人数は大会ごとに異なり、今季のW杯は最大24人。女子では、高木美帆(日体大)が16年2月の世界距離別選手権で3位となった。W杯では押切美沙紀(富士急)が15年12月に優勝し、高木美の姉・菜那(日本電産サンキョー)は15年3月に2位になった。

 カーリングの混合ダブルスは男女のペアで対戦する。あらかじめ両チームの石を一つずつ置いた状態で始まり、1エンドで投げる石は男女別で行われる4人制の8投より少ない1チーム5投。8エンドで勝敗を争う。得点方式は4人制と変わらない。

     ◇

 〈平昌五輪〉 主に雪上競技が行われる平昌は韓国北東部の江原道(日本の都道府県に相当)にある郡で、ソウルから車で約2時間半。豊かな自然に囲まれ、夏にはゴルフを楽しむ人が集まる避暑地。氷上競技が行われる江陵は江原道の海沿いにあり、平昌郡に隣接した市。ビーチリゾートで、埼玉県秩父市の姉妹都市でもある。江原道では1999年に冬季アジア大会が開かれた。韓国での五輪開催は88年夏季のソウル大会以来で、冬季は初。パラリンピックは来年3月9~18日。