[PR]

 フジテレビの社会部記者だった男性社員が取材先の暴力団関係者から接待を受け、乗用車購入に必要な名義を貸す利益供与をしたとされる問題で、フジの亀山千広社長は27日の定例会見で「視聴者と関係者に深くおわび申し上げたい」と謝罪。記者教育の徹底など再発防止に努めるとした。

 亀山社長は「社内調査と捜査がまだ続いており、詳細はご容赦頂きたい」としつつ、「取材対象者からの過剰な接待は相手が誰であろうが記者が公平に記事を書ける関係ではない」と述べた。また再発防止に向けて「極めて基本的な取材記者の倫理教育を徹底してほしいと報道現場にはお願いをした」とし、仕事量が適正かどうかなど、記者の働き方も検証したいとした。