[PR]

 東京都心部(23区と武蔵野市、三鷹市)のタクシーの初乗り運賃が30日から、「約1キロ410円」となる。現行の「2キロ730円」から大きく変わり、短距離の利用は値下げ、長距離は値上げとなる。

 今回の運賃変更は、初乗り(1・052キロ)運賃を380円から410円まで、10円刻みの4種類から業者が選ぶ仕組みで、ほぼ全業者が410円を選択した。全国の都市部では最安値だ。

 初乗りの距離を超えると、走行237メートルごとに80円が加算され、時速10キロ以下のときは90秒ごとに80円かかる。計算上は、2キロ弱まではこれまでより安く、6・5キロ以上になると割高になる。2キロ弱~6・5キロは、ほぼ変わらない。

 30日午前0時以降に仕事を始める車両が新運賃の対象となる。料金メーターの設定変更が必要となるため、29日から継続的に営業している一部のタクシーは、30日も旧料金で営業することになるという。(伊藤嘉孝)