[PR]

 大相撲初場所で初優勝し、72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身=の優勝報告会が28日、東京都江戸川区にある田子ノ浦部屋近くの小岩小学校で開かれた。

 住民でつくる区田子ノ浦部屋を応援する会が主催した。校庭には子どもやお年寄りら約4500人が集まり、午前11時すぎに稀勢の里が姿を見せると、「おめでとう」と書かれた手作りメッセージを振って大喜び。住民を代表し、中川泰一会長(64)は「けがをしないよう頑張っていただきたい」と激励した。

 稀勢の里は「一生懸命稽古し、横綱の名を汚さぬよう精進して参ります」と話し、拍手を浴びていた。花束を手渡し、握手した小岩小1年の庄司璃音さんは「手が大きかった。たくさん勝ってほしい」と喜んでいた。(黒川和久)