[PR]

 関西空港の新しいターミナルビルが28日、開業した。格安航空会社(LCC)専用で、航空会社の負担を減らす工夫を重ねた。午前6時過ぎ。着陸した香港からの1番機がビルから数十メートルの位置で止まると、横付けされたタラップを使って地上に降りた乗客は、歩いてビルに入った。

 1番機となった全日本空輸系のLCCピーチ・アビエーションの飛行機には、111人が乗ってきた。

 友人2人と京都旅行に訪れた銀行員のイバン・ウォンさん(26)は「スタッフの対応は丁寧で、交通アクセスなど情報の表示も分かりやすい。すべてグレイト」。堺市に自宅がある香港駐在の会社員、清田円(まどか)さん(45)は、「簡素だけど、みすぼらしくない。快適に使えた」と話した。

 新ターミナルは、第2ターミナルを、拡張するかたちで整備した。ビルはプレハブ造りで、鉄骨がむき出し。大部分は平屋建てだ。

 建設にかかった費用は、同じ規模のターミナルビルの半分以下。平屋にしたことで、手荷物を上げ下ろしする機械も必要無い。空調も必要最小限にして、電気代も節約する。

 LCCは、安い運賃を売りに、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら