[PR]

 長崎市内の市道に止めた車の中で、長崎県諫早市多良見町の野中千晶(ちあき)さん(28)が刺されて死亡した殺人事件で、県警は30日、司法解剖の結果、死因は腹部などを刺されたり切られたりしたことによる失血死だった、と発表した。複数の刺し傷や切り傷があったという。

 野中さんは28日午前11時40分ごろ、長崎市三景台町(さんけいだいまち)の市道に止まっていた軽乗用車の運転席で血を流して倒れているのが見つかり、搬送先で死亡が確認された。足元にナイフが落ちていたことなどから、県警は事件とみて捜査。元夫(30)が近くの自宅で首をつっており、県警は、元夫が野中さんを殺害後に自殺した可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、野中さんは昨年11月に地元の諫早署に「元夫が家に来るかもしれない」と相談し、署はストーカー事案として受理していた。野中さんに、ストーカー規制法に基づく警告を元夫に出せる事案であることなどを説明したが、野中さんはこうした対応を希望しなかったという。署は月に数回、面会や電話連絡するなどして対応。今月中旬には野中さんは「異状はない」と話していたという。県警は、ストーカー事案と今回の殺人事件との関連を調べている。