[PR]

 テーマパークのハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市)は30日、新しい子会社を通じ、サービスロボットの技術開発や利用提案などの事業に参入した、と発表した。

 主に手がけるのはサービスロボット。ホテルの受付や掃除、レストランでの料理など、メーカーの依頼を受けてHTBで実証実験をするほか、九州大学と連携するなどして技術開発を進めるという。

 HTBにある「変なホテル」では接客などにロボットを活用し、人件費などを抑えている。こうした経営効率化の経験を生かし、ロボット活用のノウハウなどのコンサルタント業務にも力を入れたい考えだ。(福岡泰雄)