[PR]

 受験の願掛けたけなわの季節。絵馬に記された願いごとや氏名が他人に見えないように「対策」を取る寺社が広がっている。ネット時代に改めて個人情報保護の意識が高まった形だが、「過敏だ」「縁起物の由来とずれている」との声もあり、受け止め方は様々だ。

 「縁起だるま」発祥の地として知られる群馬県高崎市の少林山達磨(だるま)寺。1月下旬、本堂の横には、白い下地の「情報保護シール」が貼られた絵馬がずらりと並んでいた。

 群馬県渋川市の中学3年の長島有里さん(15)も、志望校とともに「合格しますように」と書いた絵馬にシールを貼った。「校名や住所を詳しく書いた方が願いごとがかなう気がして。シールがあれば安心です」

 シールは2年前に住職の妻広瀬…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら