写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品が奈良県や東京都で見つかった問題で、最初に偽造品を仕入れた卸売業者(東京)が「飛び込みの男らから通常の3分の2ほどの値段で購入した」と説明していることが警視庁や厚生労働省への取材で分かった。持ち込んだ男らは薬を扱う法律上の許可がなかったとみられ、捜査・行政当局は取引の実態を調べている。

 ハーボニーの偽造品は今年1月、「関西メディコ」(奈良県)が運営する薬局チェーン3店で計5本見つかり、その後、都内の卸売業者2社でも9本見つかった。

 偽造品を仕入れた都内の卸売業者は、1本あたり約153万円のハーボニーについて、「昨年12月から今年1月、面識のない人から1本90万~100万円で10本くらい買い取った」「持ち込んだのは複数の男で、本人確認はせず、帳簿には適当な会社の名を書いた」と話したという。

 偽造品が入ったボトルは正規品だったが、錠剤の色や形状は異なっていた。今のところ健康被害は確認されていない。製造元のギリアド・サイエンシズ社などが錠剤の鑑定をしている。

 薬は通常、製薬会社から卸売業者を経て、調剤薬局などに販売される。ハーボニーもギリアド社が指定した卸売業者が主に販売していた。ギリアド社は奈良県警と相談し、商標法違反の疑いで被害届の提出を検討しているという。

不透明な「現金問屋」

 今回のように薬を転売する卸売業者は「現金問屋」と呼ばれる。

 東京・神田には約20軒の問屋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら