[PR]

 インターネット上の会員制交流サイト(SNS)に男性(当時18)を中傷する書き込みをしたとして、滋賀県警は1月31日、東京都文京区の無職の少年(19)を名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕した。捜査関係者によると、男性は滋賀県内の高校生で、昨年9月に自殺したという。

 県警によると、少年は2015年7月に、SNS上で男性について「さまざまな女ユーザーに迷惑行為を行い、最終的にはそんなことはやっていないと逃げ惑っている」などと書き込みをした疑いがある。書き込みは、昨年9月まで掲載されていた。男性の家族は昨年11月、事実とは違う書き込みをされていたとして、県警に被害届を出していた。書き込みについて少年は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、男性はSNS上に自分を装った別人による「なりすまし」の書き込みがあることなどに悩み、自殺直前の昨年9月下旬、県警甲賀署に相談していたという。県警では、詳しい経緯などを調べている。なりすましについては、逮捕した少年の関与はないとみている。(仲大道、菅沢百恵)