[PR]

 「YouTube(ユーチューブ)」に自作の動画を投稿する「ユーチューバー」が子どもにも人気です。もし、我が子に「自分もやりたい」と言われたらどうしますか? ユーチューバーの親子を取材しました。

 熊本市に住む、かんなさん(10)、あきらさん(8)の姉妹は動画チャンネル「Kan & Aki’s CHANNEL」に出演する。このチャンネルの視聴回数は計34億回を超え、登録者数は約150万人と国内トップクラスだ。

 父親の忠昭(ただあき)さん(42)と母親のめぐみさん(39)が撮影や編集などを担当。最近では妹・あさひさん(3)、弟・ぎんた君(1)も出演する。内容は、おもちゃや菓子の紹介、家族でのお出かけが多く、人気キャラクターのおもちゃを使ったままごと遊びは1億回以上も視聴された。

 ほかに、ライブ専門チャンネルなど一家で計4チャンネルを持ち、合計視聴回数は49億回、投稿された動画は1500本を超す。

 きっかけは6年前、4歳のかんなさんがおもちゃで遊ぶところをビデオで撮っていると突然、かんなさんが「今日はこれを紹介します」と声を上げた。その頃、忠昭さんは家業の看板店の売り上げを伸ばそうと商品を紹介する動画を撮って投稿していた。「パパのまねだ。やりたいんだ」とめぐみさん。ブログでよく子どもの写真をアップしていたことから「動画もいいかも」と、2010年5月にチャンネルを開設した。

 家族でルールを決め、学校生活…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら