[PR]

 北朝鮮による拉致問題をめぐる外交交渉は膠着(こうちゃく)している。政治家は問題にどう向き合ってきたのか。城内実・衆院拉致問題特別委員長(51)に聞いた。

 ――めぐみさんの拉致が20年前に国会で取り上げられたことの意義は。

 世論が動いた。それまでは「北朝鮮が拉致なんて、そんなことあるのか」という風潮だった。私の父は警察庁警備局長をしており、国会で1988年に北朝鮮工作員による拉致の一部の疑いについて答弁した。詳しいことは話してくれなかったが、「北朝鮮が日本人を拉致しているのに、国会議員が認めようとしない」と漏らしていたのを覚えている。

 ――国会はどう取り組んできたのか。

 2004年、衆参に拉致問題の特別委員会ができた。国民の代表として、大臣に質問をすることが大きな役割だ。拉致被害者の家族や脱北者のみなさんの声を聞いたり、解決を求める決議を出したりしてきた。

 ただ、近年は会期中に実質審議…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら