[PR]

 「あんまり長いと止めますよ」「質問に答えてください」――。2日の衆院予算委員会で、大破事故のあった米軍のオスプレイ空中給油訓練の再開をめぐる稲田朋美防衛相の答弁に、防衛相の先輩でもある浜田靖一予算委員長が再三注意する場面があった。

 共産党の笠井亮氏が、「オスプレイが万が一事故を起こした際には、沖縄で全基地撤去運動につながりかねない」と分析した防衛省の過去の内部文書を示し、「そうなったら大変だと懸念し、米国に言われたまま飛行再開を認めただけではないか」と質問した。

 稲田氏は「防衛省でも要因を分析し、米軍が対策を幅広く取っていることを確認した」と説明した上で、「防衛省における分析の評価について、八つの項目に分けて具体的に申し上げる」として、防衛省が用意した答弁書を読み始めた。

 稲田氏が1から8までの項目順に沿って説明する最中、浜田氏は2度「簡潔に願います」と注意。答弁を続ける稲田氏に、「大臣長い。あんまり長いと止めますよ」と警告したがそれでも変わらず、稲田氏が「最後に」と8項目目の説明に入ろうとすると、浜田氏は「最後に、はいらない」と突き放し、説明が途切れた瞬間に「そこでやめましょう、大臣」と答弁を打ち切った。

 5分近く語り続けた稲田氏の長広舌ぶりに野党は「議論がかみ合っていない」と批判し、浜田氏は「一言申し上げる。質問に対して答えてください」と稲田氏をいさめた。