[PR]

 墓地や納骨堂といった「終(つい)のすみか」で近年、女性専用をうたうものが目につく。「死後は夫と別の墓がいい」「気の合う独身女性同士で」といった需要があるようだ。葬送をめぐる考え方の変化や「非婚化」のほか、女性の社会進出によって、自分の最後は自分で決めたいとの意識が強まっているという見方もある。

 平安時代の歌人、小野小町ゆかりの寺として知られる隨心院(ずいしんいん、京都市山科区)に2015年11月、女性専用の納骨堂「小町堂」が完成した。生涯独身だったとも言われる小町。もともと女性の拝観者が多いこともあり、寺での伝承から、「小町生誕1200年」の記念事業として取り組んだ。

 経蔵だった広さ約20畳の鉄筋コンクリートの建物を3千万円ほどかけ改修。内部の壁面には小町を含む六歌仙が描かれ、289基の納骨壇が設けられた。1基の大きさは縦27センチ、横26・4センチ。永代使用料は縦に9段ある納骨壇の位置で違い、80万~120万円。本尊の聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)にちなみ、三十三回忌までは僧侶に毎日読経してもらえ、その後は建立予定の専用合祀(ごうし)墓へと移される。

 これまで申し込んだ約10人は全員が健在。見学者は近畿圏在住の50~60代が多いが、東京や名古屋からも問い合わせがあるという。独身者や夫と同じ墓には入りたくない人などのほか、既に亡くなってた人でも女性ならば契約が可能だ。

 隨心院僧侶の高倉寛智(かんち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら