[PR]

 1年前に石川県野々市市立富陽小学校の教員だった山口聡美さん(当時51歳)が勤務中に倒れて亡くなったのは過重な勤務が原因として、遺族が命日の3日、市役所を訪れ、民間の労災にあたる公務災害認定を地方公務員災害補償基金県支部あてに申請した。

 申請した夫で白山市議の俊哉さん(51)によると、聡美さんは2014年度から同小に勤務し、5クラスある1年生の学年主任を務めていた。15年の夏以降、担任2人の産休などで残業や自宅での仕事が重なり、土日も学校に行くことがあった。昨年1月20日、校内での研究会中に倒れて意識不明となり、2月3日に死亡した。死因はくも膜下出血だった。

 俊哉さんは「本人は毎年人間ドックを受け、健康には気を使っていた。学校の勤務時間内の会議中に倒れて亡くなったので公務災害だろう」と、認定申請の準備を進めてきた。

 市教委は昨年6月に市学校職員公務災害調査委員会を設置。調査委は検証の結果、「業務と病気との因果関係を認める余地はあると考えられる」との報告書を提出していた。

 この日、俊哉さんから申請書類…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら