【動画】頭を水中に突っ込むオオハクチョウたちの姿が目立つ=福留庸友撮影
[PR]

 宮城県北部にある伊豆沼と、隣接する内沼に渡って来るオオハクチョウがこの冬、急激に増えている。1月12日に観察された6412羽は、前年同時期の1743羽の4倍近い。沼の水位を低くしたところ、餌にしている沼底のレンコンが食べやすくなって増えたと、沼の動植物保護を進める研究機関はみている。

 頭を水中に突っ込むオオハクチョウのお尻が、あっちでプカッ、こっちでもプカッ。羽を休めたり飛び立ったりする仲間の傍らで、そんな光景が、訪れる人たちを楽しませている。

 「国際的に重要な湿地」などを指定するラムサール条約に登録されている二つの沼は、国内でも有数のハクチョウの飛来地だ。レンコンのほか、餌となる落ち籾(もみ)がある広大な田が周辺に広がっている。

 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら