[PR]

 東京都千代田区長選の投票が5日にあり、小池百合子知事が支援する現職の石川雅己氏(75)が、新顔の与謝野信氏(41)=自民推薦=と五十嵐朝青氏(41)を破り、5選を決めた。7月の都議選で支持勢力の過半数確保をめざす小池氏の勢いを示す形になった。

 千代田区長選は無所属の現新3人が立候補したが、都議会最大会派の自民との対決姿勢を強める小池氏の「代理戦争」の様相を呈し、注目を集めた。

 小池氏は選挙戦で「東京大改革を進めるか、後退させるかの選挙」と繰り返し訴え、1月に旗揚げした小池氏中心の地域政党「都民ファーストの会」の都議らも石川氏を支援した。

 一方の自民は「区長選は代理戦争ではない」と訴え、小池氏との対決構図を避けようとしたが、都議選を前に劣勢を示す形になった。

 五十嵐氏は「党利党略なく、真の区民ファーストを」と訴えたが、及ばなかった。