[PR]

 日本将棋連盟は6日、新しい会長に佐藤康光九段(47)を選出した。名人などのタイトルを獲得したトップ棋士の一人。将棋ソフトを巡る混乱の責任をとって辞任した谷川浩司会長(54)の後任で、任期は6月までとなる。

 連盟はこの日、東京都渋谷区の将棋会館と大阪市福島区の関西将棋会館をテレビ会議システムでつないで、臨時総会を開催。谷川会長、島朗(あきら)常務理事(53)の辞任に伴い、佐藤九段と井上慶太九段(53)を新しい理事に選んだ。その後の理事会での互選で、佐藤九段が新会長に決まった。谷川前会長は体調不良で入院中のため、欠席した。

 記者会見で佐藤新会長は「将棋界の信頼回復に全力で取り組みたい」と話した。一連の騒動を巡って問題視された対局規定の整備の遅れや連盟の組織のあり方については、「時代に即して改めるべきところは変え、残すべきところは残したい」と述べた。1月に谷川前会長から体調不良を告げられ、後継を務めるよう打診があったという。

 連盟は昨年10月、ソフトによる不正を指摘された三浦弘行九段(42)に出場停止処分を科したが、後に第三者調査委員会は不正の証拠がなかったと結論づけた。佐藤新会長は「三浦九段とご家族にご迷惑をおかけした」と謝罪し、「4カ月間、対局から離れている三浦九段の対局環境を整えたい」と語った。

 また、棋士会の会長を1月まで務めたことから「棋士の意見を早めに集約して(連盟に)説明していればもう少し違っていたかも知れない」と反省を述べ、私的に三浦九段と会い、直接わびたことを明かした。

 一方、理事経験者を含む棋士28人から、職にとどまっている常勤の理事5人の解任を目的とした臨時総会開催の請求が出された。連盟は27日に臨時総会を開き、この件を議論する。

 佐藤新会長は京都府出身。羽生善治三冠(46)と同世代で、名人や竜王などのタイトルを獲得。名人挑戦権を争うA級順位戦に所属している。(村瀬信也