[PR]

 既成政党が「小池ショック」に見舞われている。小池百合子都知事が事実上率いる地域政党が民進に離党を届け出た前都議2人を公認することを受け、民進執行部に「離党ドミノ」への警戒感が広がった。

 野田佳彦幹事長は6日の記者会見で、離党者が相次ぐ可能性について問われ、「そうならないようにしなければいけない」と語った。別の幹部は「小池氏は、地道に活動している(民進の)現職の方が良いと考えるかもしれない」と述べた。

 5日の千代田区長選で小池氏の支援した現職が圧勝した結果については、野田氏は「無党派層を含めて小池知事の支持が大変強いという傾向が表れた。それがどう都議選、衆院選に影響するか、よく分析して対応していきたい」と述べた。

 一方の自民党は千代田区長選で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら