[PR]

 ケニアの農村部の人たちを支援しようと、現地でドライフルーツの加工会社を始めた女性がいる。農家の人たちに収入を、若者に仕事を生み出す試み。より高品質の商品をつくり、ケニアの社会に貢献するため、日本からの後押しを呼びかけている。

 上牧町出身の山本歩(あゆみ)さん(36)。首都ナイロビから北へ車で1時間の町で、「ケニア・フルーツ・ソリューションズ」を営む。

 五つの村で農家が育てたマンゴーやパイナップルを、生産地でいったん乾燥させる。山本さんの会社で再び乾燥機にかけ、食品会社に出荷。そこで包装され、スーパーマーケットなどに並ぶ。「自然の甘みが濃厚」と好評という。

 農学部で学び、農業高校で教え…

この記事は有料会員記事です。残り660文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら