[PR]

 文部科学省の組織的な「天下り」あっせん問題で、前川喜平・前事務次官は7日の衆院予算委員会に参考人として出席し、「責任を痛感している。国民のみなさまの信頼を損ね、深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 組織的あっせんという再就職等監視委員会の認定については、「そのまま事実として受け止める必要がある」と述べた。

こんなニュースも