[PR]

 文部科学省の組織的な「天下り」あっせん問題で、仲介役とされた同省人事課OBの嶋貫和男氏(67)が7日、衆院予算委員会に参考人として出席し、「(内閣府の再就職等監視委員会から)組織的というご指摘を受けるに至り、かかわった者の1人として大変申しわけなく思う。人助けという思いで行ってきたが、私自身の認識不足を恥じ、悔いている」と話した。

こんなニュースも