[PR]

 社民党の又市征治幹事長は7日、首相官邸裏の民間ビルに入る党本部を、今年前半内に再び引っ越す考えを明らかにした。党勢衰退で政党助成金などが減ったため、経費節減して地方組織や選挙対策に回すべきだとの指摘が党内で出たためだという。「国会の近くでなくとも、もう少し安いところでいい」と永田町から離れて物件を探している。

 「三宅坂」の名称で親しまれた国会近くの党本部「社会文化会館」から2013年に移転し、党本部は解体された。党によると、現在2フロア約700平方メートルを借り、賃料は年4千数百万円という。昨夏の参院選で吉田忠智党首が落選するなど低迷が続いている。