[PR]

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが「2011年9月から15年12月に5千~1万3千人が処刑された」と報告したシリアのサイドナヤ軍事刑務所。ここに収監されていた男性が、朝日新聞の電話取材に応じた。男性がいたのは大量処刑が始まる直前までだったが、その時点でも過酷な状況から多数が死亡していたと証言した。

 男性は30代後半で、現在はトルコにいる。シリア内戦の前、反政府活動家だった。09年夏から11年7月まで、首都ダマスカス近郊にあるサイドナヤ刑務所に政治犯として収監された。

 男性によると、同刑務所には150から200の雑居房があり、1部屋は縦12メートル、横4メートルほど。この部屋に、30人が押し込められていた。衛生状態は劣悪で、ぜんそくや肺結核、心臓疾患、皮膚疾患、精神疾患で苦しみ、房内で亡くなる人が続出したという。自らの生存空間と食料を確保するために、同室の受刑者を殺す人もいたという。

 男性は「獄中では、生きるより死ぬ方がましだった。(イスラム教が禁止している)自殺を認めるファトア(宗教令)が出ることすら望んだ」と話す。

 シリアの反政府運動は11年春に始まった。アサド政権が拘束した一団が最初に同刑務所に送られてきたのは11年7月だったという。男性は入れ替わるように別の刑務所に移され、12年に恩赦で釈放された。

 男性が別の元受刑者に聞いたところ、その後、サイドナヤ刑務所内の状況はさらに悪化し、一部屋に100人以上詰め込まれる状態になったという。アムネスティは11~15年にかけて毎週絞首刑が執行されていたと報告した。(カイロ=翁長忠雄)