[PR]

 千葉市動物公園(千葉市若葉区)で2014年6月に生まれ、オスとして育てられていたレッサーパンダの「メイタ」が、実際にはメスであることが分かった。同園では、看板の表記をオスからメスに変更。「メイタ」の名称は市民に親しまれているため、そのままにするという。

 生後2カ月ほどしてオスと判断された。愛称を一般公募し、母親メイメイと父親クウタの名前からメイタと名付けられた。しかし、成長しても生殖器の発達が見られず、1月にX線撮影や触診をした結果、メスと分かった。

 同園によると、幼獣の時のレッサーパンダの性別は、頭と胴体の長さと、肛門(こうもん)から尿道までの長さを比較して調べるのが一般的。これまで間違えたことはなかったが、判断は難しいという。

 オスのレッサーパンダは通常、生後1年半ほどで発情期を迎えると、メスから離して育てられる。メイタもこれまで母親とは別にして育てられてきた。同園の担当者は「将来的には母親たちと一緒に育てたい。お婿さんも迎えられたら」と話している。(川嶋かえ)

関連ニュース